動画編集は社会人として働きながらでも学べる?スクールでスピーディーに習得!

公開日:2022/05/30  

スピーディー

YouTubeのショートやTikTokInstagramのリールといった短い動画の需要が高まりつつあります。それにともなって、動画編集できる人材の需要も急激に高くなっており、クラウドソーシングでは引く手あまたの状態です。そこで今回は動画編集に必要なスキルや最速で動画編集のスキルを付ける方法について解説します。

動画クリエイターに必要なスキル

動画編集に必要なスキルは5つあります。特別な資格や難しいスキルは必要ないため、初心者からでも始めることは可能です。1つ目はカットです。動画編集においてカットはもっとも基礎的なスキルの一つです。しかし、カットのスキル一つで動画の面白さや見応えが変わるので、一番はじめに付けるべきスキルだといえます。ただ素材をカットしていくだけのシンプルな作業ですが、繋ぎが不自然ではないかを適宜確認していく必要があるため、とても時間がかかる作業になります。

2つ目はテロップです。テロップ挿入は簡単にいうと、字幕を付ける作業です。字幕を付けることで視聴者は視覚で理解でき、分かりやすくなります。そのため、視聴者の離脱を避けるために重要なスキルになります。

3つ目は音楽の挿入です。BGMや好感度の挿入は動画のクオリティにつながります。場面によって適したBGMや効果音を入れることで、見応えもかなり変わります。動画の質を上げるうえで非常に重要なスキルです。

4つ目は音響設定です。とくにノイズの除去が重要になります。ノイズの除去は撮影素材の音声を聞き取りやすくします。ノイズが入ったままだと視聴者が動画を見るとすぐに疲れてしまうため、離脱につながるようです。

また、動画全体の質も下がるので重要なスキルです。最後はエフェクトです。動画の雰囲気をよりよくするのがエフェクト挿入。強調したいシーンや悲しいシーン、緊張のシーンなどの場面に合わせて、画面やテロップを動かします。しかし、エフェクトを多用するとしつこい動画になってしまうため、非常に見にくくなるので注意しないといけません。

これらが動画編集で必要なスキルですが、どれも実践していくなかで付いていくスキルなので、初心者の方でも問題ありません。大事なのは、とにかくやってみることと、経験者の指導を受けて効率よく学ぶことです。

動画編集は社会人として働きながらでも学べる?

動画編集は、社会人として働きながらでも学ぶことは可能です。土日の休日は実際に動画を編集して、通勤時間は本や動画を見れば充分なほどスキルが付きます。しかし、社会人だと残業や家族サービスなどで思ったように時間がとれないことが多いでしょう。そこで大事なのが、すべて独学で勉強しないことです。

というのも、自分一人だと1日かかる問題が、経験者に教えてもらうと10分で解決する、ということが多くあります。大学生といった時間に余裕がある人は、独学でも問題ないでしょう。しかし、何かと時間が少ない社会人の方は、とにかく時間効率重視で学んで、いち早く一人で仕事をこなせるようになりましょう。

社会人の方は動画編集スクールに通うのがおすすめ!

社会人の方は先ほど言ったとおり、時間がないことが多いため、独学だと時間がかかってしまいます。そこでおすすめなのが動画編集スクールです。専門学校に通うという手もありますが、社会人の方は難しいです。

そのため、働きながらでも通える動画編集スクールなら通うことが可能です。オンラインで教えてもらえるスクールもあるので、在宅で動画編集のスキルを経験者から学ぶことができます。

受講期間はさまざまで半年ほどが一般的です。費用の相場は半年で30万ほどです。動画編集は独学の場合、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。事実、動画編集を独学で始めて、挫折している社会人の方はたくさんいます。

なかには、独学で学んで動画編集の仕事をしている人もいますが、そういった人たちはかなり少数派でしょう。費用は決して安くありませんが、半年で30万ほどは将来稼ぐ額に比べるとかなりコスパがよいといえます。スクールを選ぶコツは、社会人の生徒がたくさんいるところを選びましょう。

また、口コミをSNSやネットで調べると生身の声を聞けます。スクールの費用は決して安いとはいえないので「入ったけど思っていたのと違う」と後悔しないためにも、入りたいスクールの候補をいくつか挙げたあとは、口コミを調べてみてください。スクールの公式サイトからではなく、SNSで調べましょう。SNSの中でも生々しい声が聞けるTwitterがおすすめです。

 

動画編集に必要なスキルや動画編集の学び方について、解説しました。動画編集で必要なスキルのほとんどは学びながら、実践しながら付けていけるのでまったくの未経験者でも問題ありません。重要なのは独学でやろうとしないことです。どうしても費用的にしんどい方は仕方ありませんが、余裕のある方はスクールに通うことをおすすめします。やはり独学だと時間と労力がかかるので、諦める原因になってしまいます。途中で諦めると動画編集のツール代や労力、時間がすべて無駄になってしまうようです。そうならないためにも、スクールに通って経験者から直接教えてもらいましょう。中にはオンラインで完結するスクールがあるので、時間のない社会人の方におすすめです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

動画編集は、パソコンのみで仕事ができるため、在宅ワークにはおすすめです。家事や子育てに忙しい主婦の中には、外で働けない状況の方もいます。しかし、仕事がしたい、生活費を稼ぎたいという気持ちを持
続きを読む
動画編集は、近年注目されているスキルです。YouTube動画やさまざまな動画配信サービスがあり、動画をビジネスで利用する機会は増えてきています。動画編集を仕事にしたいと独学される人もいますが
続きを読む
せっかく動画編集スクールで学んだのに生かせていないなんてこともったいないですよね。動画編集スクールで学んだ経験を活かし、今後の生活や仕事に役立てるためにも意識して学ぶことは大切になります。動
続きを読む