動画編集を行うために必要なスキルとは?目的別に解説!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/16

動画編集を個人で楽しんだり仕事にしたり、さまざまな場所で動画編集は活躍しています。初心者でも始めやすい動画編集ですが、仕事として行うためには多くのスキルが必要です。今回は、動画編集に必要なスキルから応用のスキルまでを紹介。さらに、副業や本職など、目的別に身に付けたいスキルも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

動画編集を行うための必須スキル

動画編集を行うためには学んでおかなければならないスキルがあります。最低限、習得しておきたいスキルを見ていきましょう。

カット

カットは動画の不要な部分を切り離したり、必要な部分を残したりして上手につなぎ合わせる作業です。動画の時間を短くできるだけでなく、動画の流れを自然にして展開を面白くすることも可能です。

主な作業は2つあり、不要な動画を取り除く分割と、動画の最初と最後を消して動画の流れを調整するトリミングがあります。

テロップの挿入

テロップは動画内で話していることを文字にしたり、タイトルをつけたりする作業です。テロップが入ることで、より視聴者に動画の内容を分かりやすくして、記憶に残りやすいものにします。

とくにみてほしい箇所についてはテロップを強調、複数人が話しているときは、色別で会話を仕分けることもできます。

色調補正

色調補正は動画の雰囲気に合わせて色合いを正す方法です。カラーバランスやホワイトバランスなどで調整ができ、より動画を見やすくします。

エフェクトの挿入

エフェクトとは動画に特殊効果を加えることです。爆発や雷などのアクション素材や臨場感を出すサウンドエフェクトなどがあり、動画のクオリティと迫力をさらにアップします。

BGMの挿入

BGMは動画の雰囲気や内容に合わせて音を加えることです。BGMには有料と無料のソフトがあり、動画のシチュエーションによって使い分けられます。

ただし、会話や話している声が聞こえないようなBGMの挿入には気をつけましょう。動画は人の声が大切です。そのため、BGMで声をかき消してしまっては、よい動画を作成しても視聴者からは何を伝えたいのか理解してもらえない可能性が高いです。

趣味の範囲内で動画編集をするのであれば、上記のスキルは必ずチェックしておきましょう。ただし、副業や仕事で動画編集をしたい場合は、さらにスキルが必要です。

副業で動画編集の仕事をする際に必要なスキル

ここでは副業を行う際に必要な動画編集のスキルをご紹介します。

自己アピールのスキル

動画編集のスキルを手にしても自己アピールが不充分だと、副業で動画編集の仕事を受けられません。まずはポートフォリオを作成して、自分がどのような動画編集できるのかをアピールしましょう。

多くの副業はクラウドソーシングから探すため、応募文はクライアントごとに準備します。必ず、クライアントの仕事情報や求めるスキルを確認して、自分が仕事をした場合、クライアントにどんなメリットがあるのかを示しましょう。そうすることで、クライアントは応募者の人柄やスキルなどを把握しやすくなり、採用率がアップします。

また、コミュニケーション力も大切です。動画編集は個人でするものと思いがちですが、クライアントとのミーティングは必須。

コミュニケーションが不充分なまま動画編集をすると、クライアントのイメージと違った動画を作成してしまい、クライアントからの評価が下がるかもしれません。なによりも時間がもったいないので、コミュニケーションは身に付けてクライアントとのやり取りを円滑にしましょう。

マーケティングのスキル

副業で動画編集をするのであれば、マーケティングスキルは必須です。動画編集で求められるマーケティングスキルは、宣伝効果や動画を活用した集客などです。

昨今では動画を活用した集客を行う企業などが増えています。多くの人の目に留まり、購買意欲を増すようなマーケティング戦略が求められるでしょう。

そのため、マーケティングスキルを活かした動画編集の提案や加えるべき情報などをクライアントに積極的に伝える動画編集者は、継続的な案件を獲得しやすいです。

動画編集の仕事を本業にするために身に付けるべきスキル

最後に本職とした動画編集をするために必要なスキルをご紹介します。

SEO知識

SEOは検索エンジンとは、特定のキーワードで検索された場合、上位に表示でされるためにサイトのコンテンツを豊かにして評価されやすいように調整することです。また、Googleが提供するアナリティクスを用いて、さらに深い広告戦略を立てます。

アナリティクスはアクセス解析をして、動画を訪れる人の年齢層や性別、さらには趣味などを解析して、ターゲット層を狭めることで、より専門性のある動画作成ができます。

自分の経歴を磨く

未経験の人でも応募可能な動画編集の仕事もあるのです。しかし、より多くの求人に応募するのであれば、自分の実績を磨くことが必要です。

たとえば、YouTubeで個人チャンネルの開設やクラウドソーシングなどで経験を積むなどがあります。また、最近ではSNSで自己アピールや有益な情報を発信して、知名度を上げる方法もあります。

こうした自分の経歴を磨くことにより、履歴書や面接の自己アピールにつながり、企業の目に留まりやすくなるのです。

短期間で動画編集スキルを習得するためには?

動画編集は独学でも学ぶことは可能です。しかし、より専門的なスキルやほかの動画との差別化を図りたいなら動画編集スクールの受講がおすすめ。初心者でも続けられるような授業展開を行うスクールが多く、就転職に向けてのキャリアサポートなど充実しています。

不安なことがあれば、プロのインストラクターに質問したり、マンツーマンで受講したりできるなど、動画編集スクールによってサービス提供はさまざまです。多くのスクールでは無料体験講座を実施しているため、スクールの授業や講師の雰囲気を確かめてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は動画編集を行うために必要なスキルを目的別に解説しました。個人で楽しめる編集から本職として活躍できる動画編集まで多方面で活躍できます。

動画編集は独学でもできますが、挫折したり応用のスキルが身に付けられなかったりする場合があるので、動画編集の講座のあるスクールでプロの講師から学ぶことがおすすめです。数多くのスクールがあるため、資料請求や無料体験講座などを受けて自分に合ったスクールを探してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年、テレビに限らずYouTubeや広告作成など、動画編集の仕事が増えてきました。このような動画編集の仕事に魅力を感じ、独学で勉強して動画編集者になろうと考えている方も多いのではないでしょう
続きを読む
動画編集を個人で楽しんだり仕事にしたり、さまざまな場所で動画編集は活躍しています。初心者でも始めやすい動画編集ですが、仕事として行うためには多くのスキルが必要です。今回は、動画編集に必要なス
続きを読む
動画編集は、パソコンのみで仕事ができるため、在宅ワークにはおすすめです。家事や子育てに忙しい主婦の中には、外で働けない状況の方もいます。しかし、仕事がしたい、生活費を稼ぎたいという気持ちを持
続きを読む