動画編集を独学で学ぶメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/09/16

近年、テレビに限らずYouTubeや広告作成など、動画編集の仕事が増えてきました。このような動画編集の仕事に魅力を感じ、独学で勉強して動画編集者になろうと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、独学にはメリットとデメリットがあります。そこで当ページでは、動画編集を独学で学ぶメリットとデメリットを解説します。

動画編集を独学で学ぶメリット・デメリット

インターネットなどで検索すると、動画編集に関連するスクールが見つかるでしょう。しかし、動画編集は、スクール以外でも学ぶことができるスキルです。

書店にいけば、動画に関連する本を見かけるうえ、YouTubeでも動画付きの分かりやすい説明が見られます。だからといって、独学が最適な学習方法とは限りません。そこで、独学のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

自由に勉強できる

独学の最大のメリットは、自由に勉強できる点です。場所や時間、そして方法などすべて自分のペースで進められます。スクールなどで学ぶ場合は、授業時間や課題提出期限が決められるため、スクールのスケジュールに合わせた生活になるのが一般的です。しかし、独学は自由のため、空いた時間に無理なく勉強できます。

費用が安い

費用が安いという点も、独学のメリットです。動画編集のスクールは費用が高く、数十万円かかるケースも珍しくありません。

一方独学の場合は、パソコンさえ持っていれば参考書などの必要最低限の出費で済みます。また、インターネット上で公開されている無料動画などを参考にするという手もあります。参考書を購入しても、1万円以下で勉強できるでしょう。

勉強に打ち込めるか

自由に勉強できるというのは、デメリットにもなります。たとえば、疲れている、気が乗らない、出かけるといった理由で勉強しない日もあるでしょう。

しかし、このように勉強を後回しすれば、次第にやる気も失せるので要注意です。自由度が高いからこそ、勉強に打ち込むことが難しいのかもしれません。

レベルアップするスピード

動画編集を独学で進めると、レベルアップしているスピードが分かりません。現時点でどの程度の知識や技術を得たのかの判断は、非常に難しいでしょう。

また、レベルアップするスピードも遅くなりがちです。前述した自由度は、結果的にスクールで学ぶよりも遅れてしまう恐れがあります。

独学で動画編集を学ぶ方法

独学で動画編集を学ぶためには、いくつかの準備が必要です。パソコンを含め、ある程度の環境が整っていない方は前準備から始めましょう。

パソコンとソフトの準備

パソコンは、動画編集には必須アイテムです。ノートパソコンやデスクトップなど、画像編集ができるパソコンを準備しましょう。近年はパソコン普及率が高いため、すでに持っている方も多いのではないでしょうか。

また、どのようなパソコンでもよいわけではありません。すでに持っている方、そしてこれから購入する方もスペックを確認しておきましょう。メモリは16GB、CPUはインテルならCorei7クラス、ストレージは256GB以上がおすすめです。

次に用意するのが専用ソフトです。動画編集できるソフトなら問題ありませんが、できることなら仕事でよく使われるソフトを選ぶようにしましょう。

チュートリアルを始め、動画編集を行う

パソコンと動画編集ソフトの準備ができたら、次はチュートリアルを進めます。動画編集は、知識と技術の両方が大切です。まずは、焦らずに動画編集ソフトの扱い方をマスターしましょう。

チュートリアルで扱い方をマスターしたら、実際に動画編集を行います。現時点はまだ勉強中のため、動画編集に利用する素材に決まりはありません。

簡単な動画を事前に撮影し、自由に編集してみましょう。動画編集は知識と技術だけでなく、実際の作業も重要です。何度も繰り返し動画編集していくうちに、スキルアップします。

動画編集スキルを短期間で習得したい場合はスクールがおすすめ

動画編集を学ぶ場合は、専門のスクールがおすすめです。もちろん、独学でも学ぶことはできますが、レベルアップまでのスピードや専門的な知識や技術の取得はスクールのほうが早いでしょう。

また、分からないところが出てきた場合も、独学とスクールでは大きな差が生じます。独学で分からないところが出ると、解決まで時間がかかるうえ、人によっては後回しするかもしれません。動画編集の正しい知識と技術を習得するためには、順序よく学ぶことが大切です。

周囲からの刺激

スクールの場合は、大勢の方が同時に勉強します。最初は他人でも、勉強するうちに友達になるでしょう。友達になれば勉強への意欲も変わり、知識や技術をお互いに高める効果が生まれます。

勉強が計画通り進む

スクールは、独学よりも計画的に勉強が進みます。独学の場合はどうしても甘えが発生するため、勉強は遅れがちです。しかし、スクールはカリキュラムが決まっています。カリキュラムどおりに進めるうえ、万が一分からないことがあっても講師に相談できるので安心です。

まとめ

動画編集は、独学で学ぶことも可能です。時間やお金がかからないため、自分のペースで安く学びたい方には最適な勉強方法といえるでしょう。しかし、自由だからこそ、多くのデメリットも存在します。

独学とスクールのどちらを選んでも問題ありませんが、短期間で学びたい方や専門的な知識を得たい方は、講師や生徒とともに学べるスクールを検討してみましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年、テレビに限らずYouTubeや広告作成など、動画編集の仕事が増えてきました。このような動画編集の仕事に魅力を感じ、独学で勉強して動画編集者になろうと考えている方も多いのではないでしょう
続きを読む
動画編集を個人で楽しんだり仕事にしたり、さまざまな場所で動画編集は活躍しています。初心者でも始めやすい動画編集ですが、仕事として行うためには多くのスキルが必要です。今回は、動画編集に必要なス
続きを読む
動画編集は、パソコンのみで仕事ができるため、在宅ワークにはおすすめです。家事や子育てに忙しい主婦の中には、外で働けない状況の方もいます。しかし、仕事がしたい、生活費を稼ぎたいという気持ちを持
続きを読む